さよならレイジーマンデイ

ゲームとか、イラストとか、漫画とか。

【スプラトゥーン2】私がデュアルスイーパーが好きな理由。

ども!メタボ予備軍のぽよ彦(@poyo_hiko)です。

 

今回はね、スプラトゥーンを始めたばかりの頃の話から始めたいと思います。

 

私は、スプラトゥーン2をプレイするにあたって、当初、バケットスロッシャーを好んで使っていました。塗れる上に、エイム力がない初心者でも使いこなせたからです。

壁の向こう側や高いところにも届くため、かなり嫌がらせできます。サブのキューバンボムや、スペシャルのマルチミサイルも芋プレイヤーである私には合っていました。

 

しかし、ずーっとバケスロを使っていると、「これで良いのか…?」という思いが胸をよぎるようになります。

はっきり言って、バケスロの対面性能は高くありません。バケツ対策が分かっているプレイヤー相手だと、簡単に1発目をよけて、こちらが2発目の動作に入る頃にはキルを取ってきます。

前線で暴れまわるだけの機動力もないので、常に一歩引いた位置で芋るぐらいの立ち回りしかできない点も不満だった。エイム力も上がんないしね。

 

かと言って、前衛のブキが自分に合っていないことも重々承知していました。

スシやZAPを使って、積極的にキルを取りに行くスタイルを真似してみたこともあります。しかし、私のガバガバエイムでは、ただの的になるだけでした。「はーい。地雷シューターがここにいるよー」ってな具合に。

要するに、短射程のキル性能の高いブキを担いでも、芋プレイヤーである私には到底扱い切れなかったのです。

 

そんな苦悩に直面していたときに出会ったのが、デュアルスイーパーでした。

もちろん、それまでマニューバーなんて一度も使ったことがなく、デュアルを使ってみたのは、ただ見た目がカッコよくて、射程が長かったから。それだけ。あ、あとスペシャルが、バケスロと同じマルミサだったってのもありますね。

しかし、そんな適当な動機で使い始めたにもかかわらず、あれよあれよと言う間に、このブキのことが大好きになってしまい、気付いたらデュアルしか使わなくなっていました(現在は、デュアルスイーパーカスタムを使用していますが)。

 

本日は、私が、デュアルスイーパーおよびデュアルスイーパーカスタムの好きな理由を好きなように語っていきます。

 

芋る奴は射程の暴力が好き。

芋る奴にとって、射程は正義であり、存在証明であり、イデオロギーでもあります。

特にデュアルのような中射程は、芋る奴にとって丁度良い射程感なんです。自分から接近戦を持ちかけるわけでもなく、かと言って逃げるわけでもない。自分が心地良いと思える安全距離をちゃんと確保できる。

「おらおら、俺の射程に飛び込んでこれるか!?」と、前線から一歩引いたところでドヤっているだけで、すごい仕事をしている気になるのだから実に不思議です。

 

芋る奴はトップ下やボランチが好き。

たまに、前線に出てこないデュアルは地雷と評されるときがあります。これは、芋る奴にとって一番堪える批判です。

しかし、芋デュアルにも言い分がある。まず、メインのブキ性能から言って、近接戦が得意なブキじゃないし、サブスペ構成からして、明らかに味方のサポートタイプです。中衛でちょこまか動いていて何が悪い!?と言いたくなる。

そもそも、スプラトゥーンはチーム戦であり、それぞれの役割というものがあります。サッカーでもトップ下やボランチというポジションが居るからこそ、FWの力が活きるのと同じで、デュアル・デュアカスが、索敵したり、スプボムをポイポイしているからこそ、前線の負担が減っている側面もあるはずなんですよ。

とか言いつつ、シレっとアシストキルは貰っていくけどね!笑

 

芋る奴は引きスライドが好き。

芋る奴は、接敵すると激しく動揺する。それでいて、ガバガバエイムであることは悟られたくない。

そんなとき、デュアルには「引きスライド」という、究極の芋回避スライドがあります。これを使わない手はありません。安全圏に避難しつつ、一方的に射程の暴力を振るう。

キルが取れずに取り逃がした?いやいや、キル速が遅いんだからしょうがないっしょ!

 

芋る奴は強い前衛が好き。

マルミサを撃つ→マップ開く→味方前衛がキルを取る。

アメフラシを吐く→味方前衛が一斉に敵陣に突入していく。

強い前衛の味方さん最高。

 

結論:デュアル・デュアカスが好き。

以上を総合すると、芋プレイヤーである私にとって、デュアル・デュアカスは、自分が理想とする立ち回りを見事に体現することができるブキであり、このブキのことが好きになったのは必然だなと思います。

(デュアルはそういう立ち回りのブキじゃないよ!と、気分を害された方がいたら申し訳ない)

 

ここから先は、少し自論を。

スシやローラーなどの前衛ブキが、初心者にオススメのブキとして紹介されていることが多いことについて、(私には分からないけれど)これらのブキは一般的には使いやすいブキなのだろうと思います。

前衛での立ち回りを覚えられるという点も確かに大きい(単騎で打開できる立ち回りが出来る人は、スイスイ上に上がっていけると思う)。

しかし、これらの情報を信じて使ってみたものの、自分には合わないと感じる人もいると思う。私なんて、未だにイカスフィアをどう使うのかさっぱり分かりません。

 

そういうときは、中衛のブキを試してみてはどうか?と提案したいです。

中衛をやっていると、前線を押す局面、いったん引いて力を溜める局面などが、広い視点から分かるようになってきます。この中衛での立ち回りを知っておくと、前衛が何を考えているかも分かるようになるので、エイムに慣れてきて、短射程のシューターをやりたいなーと思ったときに、中衛との息の合わせ方なども直ぐに分かります。これは非常にデカいです。