さよならレイジーマンデイ

メタボ予備軍のアラサー社畜がゲーム関連の記事を書いています。

【レッド・デッド・リデンプション2】チャプター2をクリアした時点での感想&分かったこと。

f:id:pochi-kohchou:20181112180101p:plain

現在、ドハマりしているRDR2について、やっとチャプター2が終わりました(2~30時間ぐらいかかった)。

 

もうね。このゲーム、面白すぎる。過去にプレイしたオープンワールド系のゲームの中では間違いなく一番面白い。

FPS・TPSゲームじゃなくて、ただの西部劇シミュレーター?うん、そうかもしれんね。前回の記事でも書いたけど、銃撃戦の爽快感を求めているなら、このゲームじゃなくて、別のゲームをやった方が良いと思う。チャプター2をクリアするところまで進めて、その点がはっきりと分かりました。

 

あと、チャプター2をクリアして、他にもいくつか分かったことがあるんで、今日はこの点について、少し詳しく話してみたいと思います。

 

お金を増やす裏技?絶対に面白くなくなるよ?

f:id:pochi-kohchou:20181112161426j:plain

ネットで調べると、RDR2の序盤の金策として、とあるアイテムを無限に増殖させる裏技があるらしいです(チャプター2の時点で実施可能)。

これをやると、序盤から大金を手に入れることができ、お金に困る心配は無くなるというわけです。

 

まあ、そういう裏技をやりたい人はやれば良いと思うけど、そんなことをやったら、間違いなくこのゲームは面白くなくなる。賭けてもいい。絶対におもんない。

そもそも、主人公たちは、銀行強盗を犯して、その身を追われている身であり、「どうやって、明日を生きていこうか」という切羽詰まった状況にあるんです。チャプター2では、皆が生きていくために、ギャング団のボスであるダッチから、「稼いで来い」「キャンプに寄付しろ」と指示されます。

 

同じギャング団とはいえ、色んな人がいます。民家に侵入して盗みをする者、列車強盗や殺しをする者、狩りや釣りをする者、雑用をこなして貢献する者。生きていくために犯罪を厭わない人もいれば、道楽のための狩猟を嫌う人もいる。

そういう色んな考え方がある中で、プレイヤー(アーサー)は、狩りをして動物の皮を売りさばいたり、時には仲間に同調して強盗をしたり、死体から貴重品を漁ったりする。そうやって、「自分だったら、どうやって生きていくか」というテーマと向き合うことになるわけです。それが、RDR2というゲームの根幹部分を成しています。

 

ところが、裏技を使うと、一気にそのテーマが薄れる。一夜にして億万長者になれるからです。その状態で、仲間から「金を持っていそうな屋敷を見つけたんだ。一緒に強盗に行かないか?」と誘われても、正直、そんな犯罪をわざわざ実行する理由がない。

いや、もっと言いましょうか。それだけの大金を手に入れたんだったら、ギャングから足を洗って、真っ当に生きていくことだってできます。それでも、ギャングとして悪事を働くなんて、よっぽど阿保ですよ。大金を手にすることによって、一瞬にしてリアリティがなくなるんです。

 

確かに、序盤はお金がなく、懸賞金もろくに支払えない状況であり、手っ取り早く稼ぎたいという気持ちが芽生えるのも分かります。

ただ、ストーリーを進めていけば自然とお金は増えるし、少ないお金で何とかやりくりをしていく楽しさというのもあります。是非、その楽しさを味わって欲しいなと思います。

 

最強の馬・アラブ?普通の馬で十分だよ?

f:id:pochi-kohchou:20181112161836j:plain

RDR2は、その大半が馬での移動時間です。それなりに広大なマップを、馬であっちこっちに移動しなくちゃならない。そうすると、「出来るだけ速い馬が欲しい」という気持ちが芽生えてきます。

 

では、序盤でそんな速い馬が入手できるのか?と言われると、答えは「YES」。

チャプター2の時点で、バレンタインから北西に位置する「イザベラ湖」という場所に行けるんですが、ここに最強の馬と言われる「アラブ」が生息しており、捕まえて自分の馬にすることができます。これが恐ろしく速くて、操作性も良い(らしい)。

 

私も捕まえようと思いましたが、難しすぎて断念しました。

アラブに出会える確率はかなり低いとのことですが、私の場合、あっさりと見つけることができたので、ここまでは良かったんです。

しかし、息を殺して近づくものの、すぐにこちらの存在に気づいて逃げられてしまう。最初に逃げられると、もはや追いつけません。雪山なので速く走れないからです。臭い消しローションなども使ってみましたが無意味。

何とか縄で捕まえるところまでいっても、落ち着かせる前にスタミナ切れになってしまいます。それなら、スタミナ強壮剤を使って、スタミナMAX状態にしてやれば良いんじゃないかということで、スタミナMAXでやってみると、乗馬するところまではいけました。

ところが、乗馬しても、一向に落ち着く様子がありません。こちらを振り落とそうと暴れまくり、すぐに振り落とされてしまう。2回目、3回目とチャンレンジしてみるが、全く成功する気配がありません。

 

なんやこれ、無理ゲーやんけ!ww

 

最終的には心が折れて諦めた。うん、無理っす。さすが最強の馬っす。

 

というか、(かなり負け惜しみっぽくなってしまいますが)移動時間を短縮させるために速い馬が欲しいと思っていたわけではなく、「最強」と言われる馬を我が手に収めたいという支配欲ゆえに、アラブを捕まえに行ったに過ぎません。

私は移動時間を含めて、RDR2の楽しみどころだと思っているので、別に普通の馬で十分ですし、あとで、金に物を言わせてアラブを購入しようと思いました。はい。

 

オープンワールドの広さ・密度?そんなことより風景が最高だよ?

f:id:pochi-kohchou:20181112165840j:plain

RDR2のオープンワールドの広さは、前作を遥かに超えており、GTA5の20倍という話もあります。

うーん。広さについては、全ての州を巡ったわけではないので、正直よく分かりません。漠然と「広いなぁー」と思いますが、アサクリオデッセイやウィッチャー3と比較すると、(あくまでも個人的な感覚ですが)RDR2の方が狭いように感じます。

※ RDR2のオープンワールドの広さを検証する記事は、また別の機会に書いてみます。

 

また、密度については、それほど色んなロケーションがあるわけではありません。どちらかと言うと、ゼルダのように、大自然が全面に押し出されたオープンワールドです。人によっては、どこまで行っても同じような景色のように感じるかもしれませんね。

ただ、このゲームをやっていると不思議と、広さや密度なんてどうでも良いと思えてきます。そんなことより、風景が最高だから。

 

f:id:pochi-kohchou:20181112174029j:plain

遠くに見える山の景色にハッと息を飲み、

 

f:id:pochi-kohchou:20181112174130j:plain

夕暮れの荒原に思いを馳せ、

 

f:id:pochi-kohchou:20181112174352j:plain

時には、キャンプで皆と盛り上がり、

 

f:id:pochi-kohchou:20181112174443j:plain

朝は、おしゃべりをしながらコーヒーを飲み、

 

f:id:pochi-kohchou:20181112174623j:plain

一人になりたいときは、見知らぬ土地でキャンプを張って、

 

f:id:pochi-kohchou:20181112174739j:plain

朝の木漏れ日で目が覚める。

 

この風景の中に身を投じるだけで、RDR2の世界は最高だと思えます。ダッチが、「今日も世界は綺麗だ」みたいなことを言いましたが、本当にその通りだと思わされます。