さよならレイジーマンデイ

ゲーム / イラスト / Web漫画

【Last Day on Earth: Survival】プレイ開始直後の最序盤のコツ

ども!メタボ予備軍のぽよ彦(@poyo_hiko)です!

 

今回はね、洋ゲーの真骨頂ともいえる「ゾンビ」と「サバイバル」を組み合わせたスマホゲーム「Last Day on Earth: Survival」について、

プレイ開始直後の最序盤の進め方を管理人自身の実際のプレイを交えながらTipsを解説していくよー。

 

 

プレイ開始直後の様子

f:id:pochi-kohchou:20180711112930p:plain

ゲームを開始すると、まずは定番のキャラエディットを行う。

ちなみに、この手のキャラエディターに関して、私はいつも色黒のチャラ男にする傾向があるんだけど、今回もそうした。

 

f:id:pochi-kohchou:20180711113849p:plain

キャラエディットが終了すると、パンイチの状態で荒野に放り出される。

すまん。ゾンビが徘徊するようになった理由はいいから、パンツ一丁である理由を教えてくれ。

 

なお、プレイ開始位置の近くの廃車を調べると、食料や服や武器が手に入る。

ドラクエの王様が、役に立ちそうもない餞別の品を勇者に渡すようなものか。ただし、ここで手に入るアイテムのうち、ペットボトルの水は超貴重品です。理由は後述しますね。

 

マップを見ながら、周囲をフラフラと歩いてみる。どうやら、このマップが自分の拠点となる場所らしい。

手に入れた武器でゾンビを倒しながら、丸太、石、草、ベリーなどを回収していく。

残念ながら、この時点では木を切り倒したり、大きな石を砕いたりすることはできない。

 

しばらく歩いていると、自分の基地をクラフトするように指示される。

ほー、そんなことも出来るのかと感心しながら、クラフトページを開くと、床とか壁を建築する画面になるんだけど、たった丸太1本で、床や壁を建築できるらしい。

…ほんとか?(笑)

 

f:id:pochi-kohchou:20180711120416p:plain

小屋を建てようとするものの、クラフトをするには、丸太が足りないことに気づく。

最初のマップで手に入れることのできる丸太は全て取ったらしく、拠点の近くにあった林まで移動して材料を確保することにした。

なお、マップを歩いて移動すると、エネルギーを消費しないかわりに時間がかかってしまう。まどろっこしいのでエネルギーを消費して走って移動。

 

f:id:pochi-kohchou:20180711120649p:plain

そして完成したのが、こちらの小屋。

限られた材料の中で、これだけ作れるなら、きっと世界が滅びる前は大工をしていたに違いない。手際が良すぎて感動した。

 

しかし、順調だったように思えたサバイバル生活も突然終焉を迎えます。

もう一度近くの林まで移動して、材料集めをしていると、やたら動きの早いゾンビの大群に襲われて無事死亡。どうもありがとうございました。

 

死んでしまうと、最初の拠点に戻され、所持品・装備品がリセットされます。

大切なことなのでもう一度言いますね。所持品・装備品が全て無くなります。たとえ、どんな貴重品を持っていたとしても…ね。

 

この時点で、私は、最初に手に入れた服や食料を全部失いました。

かろうじて、箱の中に最低限の食料と水を保管してあったので、命拾いしましたが、この時点で水を失っていたら、最初からやり直していたと思う。

 

f:id:pochi-kohchou:20180711121522p:plain

再度材料集めからスタートしたものの、もう1回死んだ。もういっそのこと、この殺伐とした世界からオサラバさせてくれ(笑)

 

私があまりにも死に過ぎるので、お情けで強そうな剣をもらった。

パンイチの色黒の男が剣を持っている光景はかなりホラーだ。ゾンビよりお前の方が怖いよ。そんな感じでサバイバル生活が進んでいきます。

 

最序盤のTips

その後も、ゲームを進めていくうちに、最序盤の進め方が分かったような気がするので、軽く紹介します。

 

① 絶対に無理はしない。

探索をする場合、まず真っ先に考えることは「生き延びること」。

何度も言いますが、死んでしまったら、所持品・装備品を全て失うことになり、せっかく入手した貴重なアイテムや装備品が一瞬のうちにパーになってしまいます。

 

このゲームにおいて、絶対に無理はしてはいけない。体力が減ってきたらゾンビとの戦闘は避け、襲われそうだったら速やかに撤退する。これが鉄則。

もし、仮にゾンビと戦うにしても、必ず1匹ずつ倒す。間違っても、ゾンビ集団の中に突っ込んでいかないこと。

 

② 小箱を作ってアイテムを備蓄する(リスク分散)。

f:id:pochi-kohchou:20180711123629p:plain

レベルが上がって、「小箱」を作れるようになったら、入手した材料や貴重品は小箱の中に保管しておく。これも超重要。

こうすることによって、イベントリーに空きを作ることができ、アイテム容量が足りなくなって、新たなアイテムが入手できないという事態を避けられるだけでなく、仮に死んでしまったとしても貴重品を失わずに済む。要するにリスク分散です。

 

ちなみに、私は、小箱を2つ作って、一方には、後で使いそうな貴重品を保管し、もう一方には、 クラフト材料や食料を保管しています。

 

③ 集水器を作れるようになるまで水は死守する。

f:id:pochi-kohchou:20180711124340p:plain

このゲームにおいて、「水」は文字通り超貴重なライフラインです。

正直、食料はどうとでもなるんです。そこらじゅうに落ちているベリーや、鹿や狼を倒すことによって手に入る肉で空腹を満たすことができるし。

 

でも、水についてはどうにもならない。ベリーでも乾きを潤すことができますが、回復量はスズメの涙であり、集水器を作れるようになるまで、まともな確保手段がありません。

 

f:id:pochi-kohchou:20180711124841p:plain

ただし、集水器を使う場合、空きボトルが必要になります。

なので、もし序盤でボトルを失ってしまったら、最初からやり直した方が良いと思う。

ちなみに、管理人は、2度死んでしまったとき、かろうじてペットボトルの水を1本だけ小箱に保管しておいたので、何とか命拾いした。

 

まとめ
  1. 絶対に無理はしない。ゾンビは1体ずつ倒す。
  2. 小箱を作ってアイテムを備蓄しておく。
  3. 集水器を作れるようになるまで水を死守する。

 

正直、まだまだ分からないことだらけだけど、最序盤の進め方についてはそんな感じでしょうか。ほな、本日はここまで!

 

To Be Continued…