さよならレイジーマンデイ

メタボ予備軍のアラサー社畜がゲーム関連の記事を書いています。

iPhone XS Maxに合う荒野行動・PUBG MOBILE用のコントローラー等を紹介!

f:id:pochi-kohchou:20190220120946p:plain

 

どうも。最近、iPhone 6s から iPhone XS Max に乗り換えたぽよ彦です!

 

iPhone XS Max への乗り換えを検討されている方の中には、荒野行動・PUBG MOBILEをプレイしている方も多いと思います。

そこで、本日は、そういう方に向けて、サイズ感や操作のしやすさを解説していきます。

 

また、iPhone XS Max に取り付けることのできる荒野行動・PUBG MOBILE用のコントローラー(グリップ&押しボタン)も併せてご紹介したいと思います。

 

なお、スマホ用コントローラーなど、ハードウェアチートに関する私の意見や立場は、以下の記事に書いていますので、こちらも併せてご参照ください。

 

 

iPhone XS Maxのサイズ感・操作のしやすさ

f:id:pochi-kohchou:20190219120353j:plain

最初に、かる~くiPhone XS Max のサイズ感に触れておきます。

 

こいつね。一言で言うなら、「めちゃくちゃデカい」。

iPhone 6s がめちゃくちゃ小さく感じますし、そう考えると、ずーっと昔に使用していた iPhone 4s とか、どんだけ小さかったんだって話ですよ。

 

f:id:pochi-kohchou:20190219120749j:plain

試しに、Nintendo Switchと重ねてみたところ、なんとSwitch本体の液晶画面とほぼ同じ大きさということが分かりました。

Switch本体を持ち運んでいるとイメージすれば分かりやすいんじゃないかと思います。

 

続いて、荒野行動・PUBG MOBILEの操作感について。

 

f:id:pochi-kohchou:20190219230056j:plain

iPhone 6s でプレイする場合、すっぽりと手の中に収まります。

指が届きやすいという利点はあるものの、そのぶん視野が狭いので、自分の指で視界を遮ってしまう割合も多く、視認性はあまり良くないです。

 

また、フレームレートも「中」ぐらいまでしか選べないため、通信環境によってはカクつくこともしばしば。

荒野行動はまだしも、PUBG MOBILEをプレイできるギリギリのスペックでしょうね。

 

f:id:pochi-kohchou:20190219230435j:plain

見て頂ければわかると思いますが、iPhone XS Maxは、視界が横にドーンと広がった感じです。「視野」という点ではiPhone XS Max の圧勝ですね。

「指が届きにくいのではないか?」「3本指・4本指の操作に向いていないんじゃないか?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、全く問題ないです。

 

また、iPhone 6s よりもズッシリとした重量感があるので、「コンパクトさ」を犠牲にしているものの、PS Vitaのような携帯ゲーム機を操作している感覚があり、携帯ゲーム機をよくプレイする人であれば、こちらの方が気に入ると思います。

ちなみに、画質は「HDR」、フレームレートは「ウルトラ」まで選べます(画質を「スムーズ」にすれば、「極限」を選択することも可能)。

 

iPhone XS Max(ケース付)に合うコントローラー

続いて、iPhone XS Max に合うコントローラーについてご紹介します。

 

ちなみに、いちいちスマホケースから取り外さないと装着できないコントローラーって面倒臭いですよね。

そこで、荒野行動・PUBG MOBILE用のコントローラーを探すにあたり、「ケースを付けたままでも装着できること」を条件としました。

 

f:id:pochi-kohchou:20190219123254j:plain

ご参考までに、自分の場合は、ケースを付けると、厚みが10mmぐらいになります。

これよりも分厚いケースをご使用されている場合は参考にならないかもしれません。予めご了承ください。

 

ちなみに…

 

f:id:pochi-kohchou:20190219123554j:plain

当たり前ですが、iPhone 6s で使用していたアタッチメントは、サイズが合わず、iPhone XS Max に装着できませんでした。

 

さてさて、ケースを付けたままの iPhone XS Max に合うコントローラーはあるのかってことで、色々探してみたところ、1つだけ、それっぽいものが見つかりました。

 

それがこちら↓

 

IFYOOというメーカーから発売されている「Z108 Mobile Gaming Controller」というやつです。

(グリップは要らないという場合、押しボタンだけを購入することもできます) 

 

商品説明欄を読んでいますと、

4.5-6.5インチサイズ、厚み11mm以下のiPhone /Android端末に対応でき、カバーとケースを付けたままでもお使いに影響ありません。

とあります。自分の場合、ケースを付けた厚さが10mmであり、なんだかいけそうだったので、ポチってみました。

 

f:id:pochi-kohchou:20190219230945j:plain

届いたのがこちら。

押しボタンを収納する箱はついていますが、グリップはそのまんま入ってました。

 

グリップについては、横にグイ〜ンと伸びる仕様になっていますが、結構バネの力が強いので、スマホを裸のまま装着しようとすると、スマホ本体を傷つけるかもしれません。

 

f:id:pochi-kohchou:20190219231233j:plain

じゃじゃーん!

スマホケースをつけたままでも、全然いけました。

グラつく感じは全くなく、しっかりとした装着感があります(むしろケースを付けている方が安定すると思います)。

 

f:id:pochi-kohchou:20190219231757j:plain

裏面はこんな感じ。

カメラが下側になるように装着していますが、カメラが上側になるように付けても良いと思います。

 

f:id:pochi-kohchou:20190219231958p:plain

早速、トレーニング場に行って試し撃ちをしてみましたが、いい感じです。

遅延もないし、反応が悪いということもありません。しっかりとバネの力で挟み込むように装着するボタンなので、ズレることもなさそう。

ちなみに、左側の射撃ボタンだけでも良いと思いますし、右側のボタンを付けるにしても、照準ボタンじゃなくて、ジャンプボタンの方が良いんじゃないかと思いました。

 

もし、興味のある方は、こちらご検討してみてはいかがでしょう?(*'ω'*)/

 

さいごに(注意事項)

ハードウェアチートに関する私の意見・立場は、冒頭にリンクを貼らせて頂いた記事のとおりです。

私自身、チート行為を推奨することは絶対にありませんが、スマホ用コントローラーについて、運営が明確にNGとしていない以上、これをチートと断言することは出来ないと思われます。

 

ただし、運営が、このような外部機器を「ハードウェアチート」として明確に禁止する可能性もありますし、「コントローラーを使っても大丈夫だよ!」と、はっきり申し上げることはできません。

そのため、もし、本記事で紹介したようなコントローラーをご使用になられる際は、規約違反の有無を含め、ご自身でご判断くださいますよう宜しくお願いいたします。