さよならレイジーマンデイ

ゲーム / イラスト / Web漫画

【2018年下期~2019年冬】個人的に期待しているゲームランキング(PS4・Switch)

どーもー♪ぽよ彦(@poyo_hiko)です。

 

今日は、2018年下期~2019年冬頃に発売予定のゲームの中で、個人的に期待しているものをランキング形式(1位~10位)で紹介します!

なお、リメイク作品・移植作品が若干多いような気もしますが、ご勘弁を…。あと、一部のゲームを除いて購入するかどうかはまだ決めていません。

 

第10位 ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ&イーブイ

f:id:pochi-kohchou:20181019170809j:plain

  • 発売日:2018年11月16日(Nintendo Switch)
  • 期待度:★☆☆☆☆

ポケットモンスターシリーズの最新作。

私が最後にプレイしたポケモンは、金・銀であり、それ以降のポケモンは全然知りません。ポケモンGOを少しやっていた時期もありますが、直ぐにやめました。

そのため、私の中のポケモンは中学生ぐらいでストップしており、期待作としてピックアップしているものの、そこまで楽しみなわけでもないです(どないやねん)。

ポケモンGOのようなゲームシステムらしいですが、ポケモンGO自体を楽しめなかったので、これは自分の中で特にプラスの要素でもないですね。

 

強いて楽しみな点と言えば、Joy-Conをおすそ分けして、2人で協力プレイが出来るという点でしょうか。PS4にしても、Switchにしても、2人で遊べるオフラインゲームは決して多くないため、妻と2人でワイワイ楽しめる貴重なソフトとして注目しているという感じです。

ただし、ゲームの作りからして、明らかにキッズ向けであり、大人が純粋に楽しめるか?と言われると、少し厳しい印象を抱いています。

予想に反して大ヒットになるとか、大人でも楽しめるコンテンツに仕上がっているとか、そういった事情があれば購入するかもしれません。とりあえず様子見。

 

第9位 Fallout 76

f:id:pochi-kohchou:20181019143524j:plain

発売日:2018年11月15日(PS4 / Xbox One / PC)

期待度:★☆☆☆☆

大人気Falloutシリーズの最新作。前作の「Fallout 4」が神ゲーであったために、本作への期待も自ずと高くなりました。

しかし、中身をよく見てみると、Falloutシリーズの正統ナンバリングタイトルではなく、外伝的な位置づけになっている作品みたい。

(ほぼ)オンライン専用であり、前作のようなRPGではなく、複数プレイヤーでミッションをこなしたりすることがメインとなります。

 

うーん。これについては、面白い試みではあるものの、オフラインのソロプレイが好きな私としては、とっつきにくい印象を抱いてしまいます。オフラインありきのオンラインだったら分からなくもないけれど。

個人的には様子見。Fallout76はスルーして、Fallout5を待つ可能性が高いです。

 

第8位 テイルズオブヴェスペリア REMASTER

f:id:pochi-kohchou:20181019142513j:plain

  • 発売日:2019年1月11日(Nintendo Switch)
  • 期待度:★★☆☆☆

2008年に発売されたテイルズシリーズの人気作「テイルズオブヴェスペリア」のリマスター版。

これは、テイルズの大ファンである妻の期待作であり、それにつられて私の期待度も上がりました(よく分からないが、ヴェスペリアは神作らしい)。

 

ニンテンドースイッチでは、RPGのジャンルが少ないため、リメイク作品だとしても、テイルズのような大人気シリーズをスイッチでプレイできるのは素直にうれしい。

もし購入したとすれば、携帯モードでゴロゴロ寝転びながらプレイすることになると思いますが、今から考えただけでも楽しみです。

 

第7位 THE LAST REMNANT Remastered

f:id:pochi-kohchou:20181019145535j:plain

  • 発売日:2018年12月6日(PS4 ※ダウンロード専用)
  • 期待度:★★☆☆☆

またまたリマスター作品の紹介。

この「ラストレムナント」は、かつて、PS3でも発売されると言われていながら、遂に実現しなかった伝説のソフトです(Xbox 360・PCでリリース)。今回は、XboxからPCに移植されたバージョンのリマスターということになります。

私は、このゲームを少しだけプレイしたことがあり、そのときかなり面白かった記憶があります(なんで途中でやめてしまったのか覚えていませんが)。

 

スクエニが出しているRPGというだけあって、バトル、シナリオ、グラフィック、どれを取っても素晴らしい出来栄えだと思います。

ただし、個人的にはがっつり本腰を入れてプレイするというより、他にプレイするゲームがない空き時間に、ちょこちょこっとプレイしたいという気持ちが強い(なので、寝転がってプレイできるSwitchがベストだったんですが…)。

 

第6位 ドラゴンクエスト ビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島

f:id:pochi-kohchou:20181019150943p:plain

発売日:2018年12月20日(PS4 / Nintendo Switch)

期待度:★★☆☆☆

ドラクエ版のマイクラ。ドラクエビルダーズの続編になります。

こういったクラフトゲームの良さとは、「何も考えずに無心でプレイできる点」だと思います。段差をなくすために土地を平らにする作業をやっているだけでも何故か楽しかったりする(そういった作業がたまらなく退屈だという人もいる)。

そのようなクラフト要素に、ドラクエの世界観やRPGの要素が追加されたら、そりゃ面白くないわけがない。

 

ただし、個人的に、この手のゲームは、オフライン協力プレイができたら、もっと良かったのになーと思う。例えば、ポータルナイツが良い例です。

今作においても、そういったオフライン協力要素が付加されることを密かに期待していましたが、残念ながらオフラインは1人専用で、オンラインに限り多人数プレイが可能という仕様になってしまいました。

たまに暇潰しでやる分には面白いかもしれないですが、黙々と一人でクラフト作業をやるとなると、たぶん飽きる…かなw

 

第5位 ファイナルファンタジー12 ザ ゾディアック エイジ

f:id:pochi-kohchou:20181019155127j:plain

  • 発売日:未定(2019年予定)
  • 期待度:★★★☆☆

FFシリーズの中で、オンラインゲームである11と14を除き、唯一プレイしなかったのが12です。

その当時の私は、FFシリーズ自体に飽きており、周囲の評価もそれほど高くなかったので、12を完全にスルーしました。

 

それから時を経て、2017年7月。HDの完全リマスター版が、PS4・PCでリリースされたんですが、私はこれもスルーしました。

「やってみようかな」という気持ちはありましたが、なんとなく踏み切れませんでした。やっぱり面白くなかったらどうしようとか、色んな思いが胸を駆け巡り、ズルズルと買わないまま時が経ってしまったという感じ。

 

そして、本年9月。ニンテンドーダイレクトにて、歴代のFFシリーズがSwitchに移植されるという発表がなされ、FF12もリマスター版が出ると言うではありませんか。

Switchでプレイできるなら話は別です。何度も言うように、RPGはベッドでゴロゴロと寝転びながらプレイするに限る。

まだ具体的な発売日は未定ですが、今のところ、私の中での期待度は高いです。

 

第4位 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

f:id:pochi-kohchou:20181019155520j:plain

  • 発売日:2018年12月7日(Nintendo Switch)
  • 期待度:★★★☆☆

私が最後にスマブラをプレイしたのは、たぶんスマブラDXだったと思う。それ以降のスマブラは正直よく知りません。

そうであれば、ポケモンと同じく期待度は下がってしまいそうなんですが、①私の世代におけるスマブラの認知度、②Switchというハードの普及率、③スマブラのワチャワチャパーティ感という3点を考えると、「買ってもいいかな」と思えてきます。

つまり、私と同世代のSwitchを保有している友人であれば、当然スマブラを買うであろうし、そうであれば、当然「スマブラでオンライン対戦やろうぜ」って話になるだろうし、そうであれば、昔体験したワイワイパーティ感を楽しめるのではないかと嫌でも期待が膨らむわけです。

 

もしかしたら期待外れかもしれないし、あの頃のようにスマブラを純粋に楽しめないかもしれませんが、購入してみる価値はある…と現時点では思っています。

 

第3位 ディアブロ3 エターナルコレクション

f:id:pochi-kohchou:20181019161336p:plain

  • 発売日:2018年12月27日(Nintendo Switch)
  • 期待度:★★★★☆

個人的には、「きたー!!」と心の中で叫んでしまった(笑)

ディアブロ3は、累計3,000万本以上の販売実績を誇る伝説のハクスラ系RPG。このジャンルの頂点に君臨しているソフトと言っても過言ではありません。

 

もちろん、PS4でも遊ぶことができるので、敢えてSwitchで買い直す必要はないのだけど、Joy-Conをおすそ分けして、4人でオフライン協力プレイができたり、もちろんオンラインプレイも出来たりと、楽しみな要素がぎっしりと詰まっています。

スマブラとは違った楽しみ方(無双系の楽しみ方)ができるので、個人的には購入確定の1本。

 

第2位 キングダムハーツ3

f:id:pochi-kohchou:20181019161918j:plain

  • 発売日:2019年1月25日(PS4 / Xbox One)
  • 期待度:★★★★☆

大人気アクションRPG「キングダムハーツ」の最新作。

中学生か高校生の頃だったか、初代キングダムハーツを猿のように遊びまくったあの頃が懐かしい。

ディズニーの世界を冒険できるというコンセプトの斬新さ、質の高いアクション性、奥の深いストーリー。これらが相俟って、間違いなくキングダムハーツは神ゲーでした。

 

本当であれば、今作についても期待度を星5としたいところなんですが、前作・キングダムハーツ2が微妙だったため、ちょっと期待度を下げています。とはいえ、来年発売されるゲームの中では群を抜いて楽しみなソフトですね。

 

第1位 レッド・デッド・リデンプション2

f:id:pochi-kohchou:20181019163146j:plain

  • 発売日:2018年10月26日(PS4 / Xbox One)
  • 期待度:★★★★★

GTA5で有名なロックスター・ゲームスの最新作。1899年の開拓時代が終わった後のアメリカを舞台とした西部劇ギャングアクションです。

目を引くのはやはりオープンワールド。徐々に開拓されていくアメリカ西部の様子が、これでもかと言うぐらいリアルに再現されており、自然や野生生物の描写も圧巻。「もはや、やるしかないっしょ!」という気持ちにさせてくれます。

 

RDRの前作をプレイしたことはありませんが、GTAに代表されるクライム要素は非常に楽しみ。

GTAのように、戦車や戦闘機などの現代兵器は存在しませんが、リボルバーなどの古典的な武器を使用しての銃撃戦などは、「これぞ西部劇」という快感を与えてくれるのではないかと期待が膨らみます。

「GTA5を制作したチームが作ったオープンワールドのゲーム」というだけで、名作の匂いがプンプンしますね!